死刑囚1人の刑執行=福岡一家4人殺害―森法相下で初・法務省

政治・外交 社会

法務省は26日、福岡市で2003年に一家4人を殺害し強盗殺人などの罪で死刑が確定した中国籍の元専門学校生、魏巍死刑囚(40)の刑を福岡拘置所で執行し、発表した。8月に2人の刑が執行されて以来で、10月31日に就任した森雅子法相下では初。

記者会見した森法相は「身勝手な理由から、幸せに暮らしていた家族全員を殺害した極めて冷酷かつ残忍な事件。慎重に検討し、執行を命じた」と述べた。今月23日に執行命令書に署名したという。同省によると、拘置所に収容中の確定死刑囚は111人になった。

確定判決によると、魏死刑囚は中国人2人と共謀し、03年6月20日未明、強盗目的で衣料品販売業松本真二郎さん=当時(41)=宅に侵入。妻千加さん=同(40)=、長男海君=同(11)=、長女ひなさん=同(8)=を殺害し、首を絞めて仮死状態にした松本さんと共に博多湾に遺棄した。

一審福岡地裁は05年5月、求刑通り死刑を言い渡し、二審福岡高裁も07年3月に支持。最高裁が11年10月に被告側の上告を棄却し、確定した。

共犯者の2人は中国で拘束され、1人は05年に死刑が執行された。もう1人は無期懲役が確定している。

死刑の執行について記者会見する森雅子法相=26日午前、東京・霞が関の法務省死刑の執行について記者会見する森雅子法相=26日午前、東京・霞が関の法務省

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 法務行政 社会一般 社会 日本