議員会館で300万円授受か=秋元容疑者の「陣中見舞い」―IR汚職事件・東京地検

社会

カジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐる汚職事件で、収賄容疑で逮捕された衆院議員秋元司容疑者(48)が2017年9月の衆院解散当日、東京・永田町の議員会館で中国企業側から300万円を受領した疑いがあることが26日、関係者への取材で分かった。選挙の「陣中見舞い」名目だったとみられ、東京地検特捜部が経緯などを詳しく調べている。

関係者によると、秋元容疑者は衆院第1議員会館にある自らの議員事務所内で、中国企業「500ドットコム」顧問の紺野昌彦容疑者(48)=贈賄容疑で逮捕=らから現金300万円を受け取った。

現金授受は衆院が解散された17年9月28日で、紺野容疑者らが手渡しで300万円を提供した疑いがあるという。

秋元容疑者は特捜部の調べに対し、「一切身に覚えがない」と容疑を全面的に否定。陣中見舞いについて、弁護人に「記憶にない」と話している。

一方、贈賄側の一部の容疑者は、こうした資金提供の経緯を認めているもようで、特捜部は紺野容疑者や同じくドットコム社顧問の仲里勝憲容疑者(47)=同=ら同社側から押収したメールなどの記載と突き合わせ、供述内容の精査を進めているとみられる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 中国 日本 東京都