中国企業、秋元議員に200万円支払い=講演料、副大臣就任で破格扱い―IR汚職

社会

カジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐる汚職事件で、衆院議員秋元司容疑者(48)=収賄容疑で逮捕=が那覇市で行われたIR関連シンポジウムで基調講演した際、主催した中国企業側が講演料として200万円を支払ったことが27日、関係者への取材で分かった。中国企業側はIR担当内閣府副大臣に秋元容疑者が就任する人事を知り、予定の4倍に急きょ増額したという。

東京地検特捜部は事業参入での有利な取り計らいを期待し、破格の講演料を支払ったとみて捜査している。

関係者によると、那覇市でのシンポは中国企業「500ドットコム」の主催で2017年8月4日に開催された。ドットコム社の最高経営責任者(CEO)が基調講演を行い、秋元容疑者も登壇した。

秋元容疑者がIR担当の内閣府副大臣に就任したのは、シンポ開催3日後の同月7日。人事を知ったドットコム社側は当初予定していた講演料50万円を急きょ増額。秋元容疑者の元政策秘書が11年7月に設立した芸能関連会社「ATエンタープライズ」(東京都千代田区)の口座に送金したという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 中国 日本