佳子さま、25歳に=公的活動の幅拡大

社会

秋篠宮家の次女佳子さまは29日、25歳の誕生日を迎えられた。3月に国際基督教大を卒業。9月には初の外国公式訪問としてオーストリアとハンガリーを訪れ、今月も各国の駐日大使らをもてなす「鴨場接待」の接待役を初めて務めるなど、公的活動の幅が拡大している。

宮内庁は、秋篠宮さまが皇嗣となったことに伴い、今年から誕生日に合わせて佳子さまの近況を発表することにした。

この数年、鳥取県での全国高校生手話パフォーマンス甲子園などへの出席が続いており、佳子さまが務める恒例行事となりつつある。今年は天皇陛下の即位に伴う一連の儀式にも出席。10月22日の即位礼正殿の儀には、初めて十二単(ひとえ)を身に着けて臨んだ。

秋篠宮さまは11月の誕生日記者会見で、佳子さまが海外訪問や国内での行事の前に入念に準備を重ねていたことを紹介。「引き続き、そういう一つ一つを大事にするという気持ちを持っていってほしい」と語り、今後について「何かライフワークとして持てるものがあると良いのでは」と話していた。

25歳の誕生日を迎えられた秋篠宮家の次女佳子さま=3日、秋篠宮邸(宮内庁提供)25歳の誕生日を迎えられた秋篠宮家の次女佳子さま=3日、秋篠宮邸(宮内庁提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 皇室・王室 社会 日本