古いカセットボンベに注意=劣化でガス漏れ恐れ―国民生活センター

社会 暮らし

年末年始の鍋パーティーなどで使用することも多いカセットボンベ。手軽で利便性が高いが、製造から長期間経過していたり保管環境が悪かったりすると、内部のパッキンが劣化してガス漏れする恐れがあり、国民生活センターが注意を呼び掛けている。

同センターによると、2019年10月までの約6年間に寄せられたカセットボンベに関する相談は283件。うち64件がガス漏れについてで、36件では炎が上がった。全治1週間ほどのやけどを負った事例もあった。

カセットボンベには気密性を保つためゴムパッキンが内蔵されているが、経年劣化で硬化するとガス漏れが発生しやすくなる。変形やさびによるガス漏れも起こる。

17年には群馬県の50代女性が、災害時用に備えていたボンベを外見に変化がないため使用したところ、差し込み口付近から20センチほどの炎が上がる事例があった。16年には、秋田県の60代男性がこたつ上のカセットコンロに鍋を置き点火したところ、炎が上がった。

13年10月以降に国内製造されたカセットボンベについては、缶の底に製造時期を表示するよう業界内で統一されたが、それ以前の物は非表示の場合がある。同センターは「使用期限の目安は製造から7年。屋外など保管環境が悪いと5年程度でもガス漏れする恐れがある」としている。

ガス漏れで充満したガスに引火したカセットボンベ(国民生活センター提供)ガス漏れで充満したガスに引火したカセットボンベ(国民生活センター提供)

約30年が経過し、劣化したカセットボンベ内部のゴムパッキン(下)。硬化してぼろぼろになっている=26日午後、東京都港区約30年が経過し、劣化したカセットボンベ内部のゴムパッキン(下)。硬化してぼろぼろになっている=26日午後、東京都港区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 消費者問題 暮らし 社会 日本