楽器の箱に隠れ日本出国?=ゴーン被告、親戚宅に滞在か―レバノン報道

社会

【カイロ、パリ時事】レバノンのメディアは31日、日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告が日本を秘密裏に出国した際、「警備会社の助けを得て、楽器の箱に身を隠していた」と報じた。ゴーン被告は現在、レバノンの親戚宅に身を寄せているという。情報の信ぴょう性は不明。

現地のテレビ局MTVによると、日本のゴーン被告の滞在先で夜にパーティーが開催され、楽器が持ち込まれた。会の終了と共に楽器が持ち出されたが、その際、楽器を入れた箱の中にゴーン被告も隠れていた。また、同テレビはゴーン被告が「日本の地方空港から出国した」と伝えている。

ゴーン被告はその後トルコ経由でレバノンに入ったが、レバノン入国時、フランスのパスポートを所持していたとされる。

また、別のメディア「ジャバル・レバノン」は「西側の治安機関がゴーン被告の脱出に協力した」と指摘し、脱出劇には「紛争地で活動するようなセキュリティー会社」が関与したと強調している。

仏紙ルモンド(電子版)も31日、情報筋の話として、ゴーン被告が29日夜から30日の間に成田や羽田以外の「目立たない空港」からプライベートジェットで出国したと報道。同紙によれば、逃亡はゴーン被告の妻キャロルさんが計画、プライベートジェットにも同乗したという。

ゴーン被告をめぐっては、レバノンで既にアウン大統領と面会したという情報が流布され、その後一部メディアが否定するなど、情報が錯綜(さくそう)している。

カルロス・ゴーン被告(左)と妻キャロルさん=2019年4月3日、東京(AFP時事)カルロス・ゴーン被告(左)と妻キャロルさん=2019年4月3日、東京(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 フランス 日本