ゴーン被告の起訴要求=「イスラエル入国罪」で―レバノン弁護士

社会

【ベイルート時事】レバノンの一部の弁護士グループは2日、同国に日本から無断で帰国した日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告を「イスラエルに入国した罪」で起訴するよう求める報告書を検察当局に提出した。グループの1人が取材に応じ、明らかにした。

弁護士のハサン・バジ氏は、ゴーン被告について「過去にイスラエルで開かれた経済関係のイベントに出席したことがある」と指摘。イスラエルと敵対関係にあるレバノンは国民に「イスラエルのボイコット」を義務付けており、ゴーン被告がこれに違反したと主張している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 イスラエル 日本 パレスチナ