中村氏「違法の認識ない」=中国企業の資金提供―岩屋氏も適法強調・IR汚職

社会

カジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐる汚職事件で、中国企業側が資金提供したとされる5人の衆院議員のうち、中村裕之前文部科学政務官=自民、北海道4区=が4日、北海道余市町で記者団の取材に応じた。東京地検特捜部の事情聴取を受けたことを認め、「適法な政治資金を受け取り、政治資金収支報告書に記載した」と述べた。

中村氏の説明によると、衆院が解散された2017年9月28日の数日前、北海道留寿都村でIR事業を計画していた観光会社(札幌市)から200万円を受領。同10月2日には同社幹部名義で200万円の振り込みがあった。幹部から電話で送金の申し出を受けていたという。

中国企業「500ドットコム」は、この観光会社のIR事業への参入を目指していたが、中村氏は「電話で中国企業の話は出なかった」と説明。同8月に小樽市で開いたセミナーで岩屋毅前防衛相=自民、大分3区=を紹介したことが話題になり、「個人の判断」で岩屋氏側に100万円を寄付したという。

観光会社側からの資金はドットコム社側が準備した疑いがあるが、中村氏は「適法な政治資金。贈収賄や政治資金規正法違反に当たるとは思わない。中国企業のお金があったとすれば返金する」などと語った。

岩屋前防衛相も大分県別府市内で記者会見し、中村氏を通じてドットコム社側から提供されたとされる100万円について説明。「中国企業から金銭を受け取った事実は断じてない。(中村氏の)政治資金パーティーで講演した謝礼」と強調した。特捜部の事情聴取に関する質問には「控えたい。要請があれば全面的に応じ、嫌疑を晴らしたい」と述べた。岩屋氏もドットコム社の資金だった場合は返金するという。

IR汚職事件に関し、取材に応じる中村裕之衆院議員。中国企業からの金銭提供はないと主張した=4日午前、北海道余市町IR汚職事件に関し、取材に応じる中村裕之衆院議員。中国企業からの金銭提供はないと主張した=4日午前、北海道余市町

IR汚職事件について記者会見する岩屋毅前防衛相=4日午前、大分県別府市IR汚職事件について記者会見する岩屋毅前防衛相=4日午前、大分県別府市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 中国 日本 北海道 札幌市 東京都