大間マグロ、1億9320万円=豊洲市場、初競りで史上2番目

社会 暮らし

東京・豊洲市場(江東区)で5日朝、令和初となる新春の初競りが行われ、青森県大間産のクロマグロ(276キロ)に1匹当たり1億9320万円と、史上2番目の高値が付いた。

昨年1匹3億円を上回る超高値が付いて注目された生マグロの競りは、鐘の音を合図に午前5時10分にスタート。昨年よりも13匹多い72匹の国産天然クロマグロが並び、1番人気のマグロは1キロ当たり70万円。1匹2億円には届かなかったが、昨年に次ぐ高値となった。

競り落としたのは今年もすしチェーン「すしざんまい」を展開する喜代村。同社の木村清社長は「おいしいマグロをお客さんにいっぱい食べてもらいたい」と満足そうに語った。

令和初の初競りが行われた豊洲市場に並ぶ生マグロ=5日早朝、東京都江東区令和初の初競りが行われた豊洲市場に並ぶ生マグロ=5日早朝、東京都江東区

豊洲市場の初競りで1億9320万円で競り落とされたマグロを披露する喜代村の木村清社長(右)=5日午前、東京・築地のすしざんまい本店豊洲市場の初競りで1億9320万円で競り落とされたマグロを披露する喜代村の木村清社長(右)=5日午前、東京・築地のすしざんまい本店

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 食=美食・食の安全 暮らし 社会 社会一般 日本 東北 東京都