ゴーン被告逃亡「正当化できず」=森法相、出国審査の厳格化指示

政治・外交

森雅子法相は5日、日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告(65)の無断出国事件に関し、「保釈中の被告人の逃亡が正当化される余地はない」と非難する談話を発表した。また、再発防止策として出入国在留管理庁に出国審査の厳格化を指示したことを明らかにした。

ゴーン被告の逃亡発覚後、閣僚がコメントを出したのは初めて。森氏は同被告の出国記録が存在しないとし、「何らかの不正な手段を用いて不法に出国したと考えられ、誠に遺憾だ」と表明した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 日本