「密出国に当たる犯罪」=ゴーン被告逃亡で森法相

社会 政治・外交

森雅子法相は6日、法務省で記者会見し、日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告(65)がレバノンに無断出国した事件で、「(逃亡は)密出国、すなわち不法出国に当たる犯罪だ」と厳しく批判した。また、保釈制度の見直しに関し、保釈中の被告人に全地球測位システム(GPS)を搭載した機器を装着することを含め、検討する考えを示した。

ゴーン被告の出国に関しては、「事実関係は現在も確認中」とした。X線検査の有無や詳しい出国の経緯についても「捜査中であり回答を差し控える」と答えるにとどめた。

ゴーン被告の無断出国について記者会見する森雅子法相=6日午前、法務省ゴーン被告の無断出国について記者会見する森雅子法相=6日午前、法務省

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 司法行政 日本