「人権侵害」重ねて主張か=ゴーン被告、8日に会見

社会

【ベイルート時事】日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告は8日、レバノンの首都ベイルートで記者会見を行う。被告の弁護士が取材に対し、明らかにした。ゴーン被告はこの中で、日本からトルコ経由でレバノンに逃亡した理由について、「日本で人権侵害を受けた」と重ねて主張し、自らの行動の正当性を訴える公算が大きいとみられている。

弁護士によれば、会見は現地時間午後3時(日本時間同10時)に行われる。詳細は明らかにされていないが、被告関係筋は「一部のメディアのみ出席が許可される可能性が高い」と話している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 日本