日本が撤回なら「関係発展」=輸出管理厳格化めぐり韓国大統領

政治・外交

【ソウル時事】韓国の文在寅大統領は7日、ソウルの大統領府で新年の辞を発表し、停滞する日韓関係をめぐり、日本が輸出管理強化措置を撤回すれば「両国関係はより速く発展していける」と述べ、日本政府に引き続き撤回を求めていく考えを示した。

文氏は、昨年実施された日本政府の輸出管理厳格化に対応し、官民一体で半導体関連の素材・部品の国産化を進め、日本への輸入依存から脱却を図ったと強調。「数十年間できなかったことだが、わずか半年で意味のある成果を成し遂げた」と誇示した。

その上で、日本は最も近い隣国だと指摘し、「協力関係をさらに未来志向で進化させていく」と訴えた。新年の辞は主に経済分野の成果を強調しており、国内向けの性格が強い。4月の総選挙を前に経済問題への懸念を払拭(ふっしょく)する狙いがあるとみられる。

7日、ソウルの韓国大統領府で新年の辞を発表する文在寅大統領(EPA時事)7日、ソウルの韓国大統領府で新年の辞を発表する文在寅大統領(EPA時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 通商政策 日本 韓国