2019年のサンマ水揚げ、過去最低=前年の3分の1

経済・ビジネス

全国さんま棒受網漁業協同組合(東京)は7日、2019年の全国のサンマ水揚げ量が前年比66%減の4万517トンだったと発表した。記録が残る中で最低だった1969年(約5万2000トン)も下回った。海水温上昇や外国漁船による公海での漁の活発化が理由とみられ、国際的な漁獲規制強化や資源回復に向けた取り組みが一段と求められそうだ。

地域別の水揚げ量は、主産地の北海道が63%減の2万1364トン、宮城県が70%減の9943トン、岩手県が66%減の8086トン。不漁の影響で、主産地の市場価格は平均で1キロ当たり316円と前年より7割ほど高くなった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース その他経済 日本 東北 岩手県 宮城県 東京都