あおぞらが海外銀に初出資=ベトナム、株15%取得

経済・ビジネス

あおぞら銀行が、ベトナムの中堅銀行オリエント・コマーシャル・ジョイントストック銀行(OCB)と資本・業務提携したことが7日、分かった。今春にも15%分の株式を取得する。あおぞら銀の前身は1998年に破綻した日本債券信用銀行。公的資金を受けて再出発した後、海外銀行に出資するのは初めて。

OCBは中小企業向け融資に強みがある。あおぞら銀は今後、企業の合併・買収(M&A)支援やインターネットバンキング業務などのノウハウを提供する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国際業務 提携・合併・買収 日本 ベトナム