「娘の証し残したい」=初公判前に実名公表―犠牲者の母親が手記・相模原殺傷

社会

相模原市緑区の知的障害者入所施設「津久井やまゆり園」の殺傷事件で、植松聖被告(29)の裁判が8日から始まるのを前に、犠牲になった女性の母親が手記を公表した。母親は被害者を「甲さん」などと匿名で呼ぶ裁判の進め方に違和感を示し、「娘は甲でも乙でもない。生きた証しを残したい」として女性の名前も公表した。

手記を公表したのは、同園に入所していた美帆さん=当時(19)=の母親。事件の恐怖から当初は匿名にしていたが、被害者には名前も人生もあることを示したいと思い、公表を決めたという。

手記によると、美帆さんは自閉症で同園で寮生活をしていた。電車やアニメが好きで、人の心をつかんで仲良くなることが上手だったという。母親は親離れする娘の成長に寂しさと喜びを覚えつつ、「職員さんたちに見守られながら生きていくのだなと思っていた」と振り返った。

匿名で進められる裁判について、「違和感がある。ちゃんと美帆という名前があるのに」と疑問を呈し、「娘は甲でも乙でもなく美帆です」と強調。「美帆は一生懸命生きていました。その証しを残したい」と訴えた。

その上で、裁判では被告の量刑を決めるだけではなく、事件の再発を防ぐ議論につなげてほしいと要望。「障害者が安心して暮らせる社会こそが健常者も幸せな社会だと思う」と結んだ。

相模原殺傷事件の遺族の手記相模原殺傷事件の遺族の手記

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 日本 神奈川県