植松被告、起訴内容認める=謝罪も、突然暴れ休廷―相模原殺傷初公判・横浜地裁

社会

相模原市緑区の知的障害者入所施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、入所者ら45人が殺傷された事件で、殺人などの罪に問われた元職員植松聖被告(29)の裁判員裁判の初公判が8日、横浜地裁(青沼潔裁判長)であった。植松被告は「(間違い)ありません」と起訴内容を認めたが、直後に暴れたため、公判は一時休廷。午後再開した。

弁護側は、精神障害が影響し、被告は事件時心神喪失状態だったとして無罪、心神喪失まで至らない場合でも心神耗弱状態だったとして刑の減軽を求めた。公判の争点は被告の責任能力の有無と程度となる。

植松被告は、弁護人が意見を述べた後、改めて発言を求め、「皆さまに深くおわびいたします」と述べた。その直後、両手の指を口に入れようとし、刑務官が制止。暴れだしたため、裁判長が一時休廷を宣言した。

検察側は冒頭陳述で、大麻による精神障害の影響はあったものの度合いは小さく、完全責任能力はあったと主張する予定。

「津久井やまゆり園」の入所者ら45人が殺傷された事件の初公判が開かれる横浜地裁の法廷=8日午前、横浜市中区(代表撮影)「津久井やまゆり園」の入所者ら45人が殺傷された事件の初公判が開かれる横浜地裁の法廷=8日午前、横浜市中区(代表撮影)

知的障害者入所施設「津久井やまゆり園」で45人が殺傷された事件の初公判で、傍聴整理券を求めて並ぶ人たち=8日午前、横浜市中区知的障害者入所施設「津久井やまゆり園」で45人が殺傷された事件の初公判で、傍聴整理券を求めて並ぶ人たち=8日午前、横浜市中区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 日本