熱帯びる値引き合戦=牛肉など、日米協定発効で

経済・ビジネス

1日付で日米貿易協定が発効し、大手スーパーでは関税が引き下げられた牛肉やワインなどの値下げセールが始まった。買い求めやすい価格になり、消費者には朗報だ。スーパー各社は消費税増税で落ち込んだ売り上げを盛り返そうと、客への還元をアピール。商戦は熱を帯びている。

イトーヨーカ堂は、8日から全国の約130店舗で6日間限定の還元セールを始めた。「アンガスビーフ肩ロースステーキ用」は100グラム当たり192円で昨年末に比べ1割超値下げ。オレンジなどを含めた8商品を1~2割引き下げた。イオンリテールも、9日から米国産牛肉の一部商品で1割値下げするほか、キウイフルーツなどの特売も予定している。輸入品を多く並べる成城石井も、10日から米国産ワインやナッツ類のセールを開催する。買い物客からは「安くなるので大きいステーキが食べられる」と歓迎する声が上がった。

関税引き下げ還元セールで値引きされた米国産牛肉=8日午前、東京都江東区関税引き下げ還元セールで値引きされた米国産牛肉=8日午前、東京都江東区

関税引き下げ還元セールで値引きされた米国産オレンジ=8日午前、東京都江東区関税引き下げ還元セールで値引きされた米国産オレンジ=8日午前、東京都江東区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 日本 米国