維新、下地議員を除名=IR汚職、辞職も要求

政治・外交

日本維新の会は8日、カジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐる汚職事件に関連し、中国企業から現金100万円を受け取ったことを認めた下地幹郎衆院議員=比例代表九州ブロック=が提出した離党届を受理せず、除名処分とした。議員辞職を求めることも決めた。

大阪へのIR誘致を目指す中、党のイメージ悪化を最小限にとどめる狙いがあるとみられる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政党 日本