ゴーン被告、潔白主張=西川前社長ら名指し―逮捕後初の会見、日本批判

社会 経済・ビジネス

【ベイルート時事】日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)は8日午後(日本時間同日夜)、日本から逃亡後に滞在中のレバノンの首都ベイルートで記者会見し、自身に対する嫌疑は「根拠がなく、そもそも逮捕されるべきではなかった」と潔白を主張した。ゴーン被告が公の場で会見するのは、2018年11月の逮捕後初めてで「汚名をすすぐためにここにいる」と訴えた。

冒頭、日本からの脱出方法については話さないと語り、身構える記者団にくぎを刺した。日産から自分を追い出すのに関わった人物として、西川広人前社長、ハリ・ナダ専務執行役員、経済産業省出身の豊田正和社外取締役、川口均前副社長、今津英敏元監査役の5人を名指しした。

会見に先立ち、自身が失脚させられたことを示す「実際の証拠」や、逮捕・起訴に関与したとされる日本政府関係者の実名を公表する方針を示していた。しかし、会見では、日本政府の関与者については「レバノン政府に迷惑をかけたくない」ため「沈黙を守る」と述べた。

日本出国は「自分と家族を守るための唯一の選択肢であり、正義のためだった」と釈明。出国に成功した際は「逮捕時は死んだような気持ちになったが、生き返ったような心境だった」と振り返った。弁護士が同席せずに長時間の事情聴取を受け、独房に入れられて家族や友人から遠ざけられたなどとして、日本の司法制度を批判した。

会見場には、被告に関する偽証容疑で東京地検特捜部が逮捕状を取った妻キャロル・ナハス容疑者(53)も姿を見せた。

ゴーン被告は「日本では『冷酷で強欲な独裁者』と呼ばれた」と嘆いた。「日本や日本人を愛し、日産のことも今も好きだ。日本のために良いことを行ったのに、なぜ悪者扱いされるのか理解できない」と憤った。

逮捕された時の心境について「非常に驚いた」と述懐。「日産と日本の検察がかなり前から共謀して計画していた。演出のための逮捕だった」と非難した。

一方で自身の名誉回復と復権に強い執着を見せた。日産は被告を失って1日4000万ドル(約44億円)を失っていると主張し、会見は自己弁護に終始した。

8日、ベイルートで記者会見に臨む日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(AFP時事)8日、ベイルートで記者会見に臨む日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 経営一般 日本