日本政府、冷ややかに受け止め=森法相「看過できぬ」―ゴーン被告会見

社会

日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告の記者会見を受け、日本政府内では8日、「自分は日本の司法制度の被害者だと訴えるのが目的だったのだろう」(政府筋)といった冷ややかな声が広がった。

森雅子法相は9日未明、法務省で記者会見し、「出国は犯罪行為に該当し得る。それを正当化するために、わが国の法制度について誤った事実を喧伝(けんでん)するのは到底看過できない」とゴーン被告を批判。「主張すべきことがあるなら、正々堂々と(日本の)公正な裁判所の判断を仰ぐことを強く望む」と強調した。

政府関係者の一人は「自分がいかに無罪であるかしか言わなかった」と指摘。ゴーン被告が自身の訴追に関与したと主張する日本政府関係者の名前を明らかにしなかったことに関しては「最初から全て手の内をさらす必要はない。日本側の反応をみて、話を出してくる可能性はある」と語った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 日本