ゴーン被告「公正な裁判無理」=潔白主張「日産と検察共謀」―逃亡方法語らず

社会

【ベイルート時事】日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)は8日午後(日本時間同日夜)、レバノンの首都ベイルートで記者会見し、日本から逃亡した理由について「公正な裁判を受けられる可能性がなく、正義を求めて離れた」と主張した。自身への嫌疑は「根拠がなく、そもそも逮捕されるべきではなかった」と改めて潔白を強調。妻との接触制限を「私を壊すための迫害で、人権侵害だ」と批判した。

ゴーン被告の会見は2018年11月の逮捕後初で、昨年末の日本逃亡後に公の場に現れるのも初めて。会見では「数週間以内に汚名をすすぐためのイニシアチブを取る」と述べ、何らかの法的手段を講じる可能性も示した。

日本出国の方法には言及せず、事前に予告した逮捕・起訴に関与したとされる日本政府関係者の実名も「レバノン人の利益にかなわない」と公表を控えた。ただ、逮捕は「日産と日本の検察がかなり前から共謀して計画していた」と持論を展開。日産での失脚を主導したとして西川広人前社長、ハリ・ナダ専務執行役員、経済産業省出身の豊田正和社外取締役、川口均前副社長、今津英敏元監査役の5人を名指しした。

ゴーン被告は、判決までに5年かかる見通しや、裁判で有罪となる比率が約99%と高い日本の司法制度の事情を挙げ「17年間奉仕した国の人質になったような気分だった」と非難。「私が何をしたのか。テロリストのような処遇を受けるのは理解できない」と怒りをあらわにした。

また、逃亡は「自分と家族を守るための唯一の選択肢だった」と釈明。出国に成功した際は「逮捕時の死んだような気持ちから生き返ったような心境だった」と振り返った。

拘置所では弁護士が同席せずに一日最長8時間の事情聴取を受けたと語り、窓のない独房生活や週2回だけのシャワーなどへの不満を列挙。日本の司法制度を痛烈に批判し、自己弁護に終始した。

8日、ベイルートで記者会見する日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(EPA時事)8日、ベイルートで記者会見する日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(EPA時事)

8日、ベイルートの記者会見場で顔をそろえた日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(左)と妻キャロル・ナハス容疑者(EPA時事)8日、ベイルートの記者会見場で顔をそろえた日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(左)と妻キャロル・ナハス容疑者(EPA時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 裁判 日本