安倍首相、米大統領声明を評価=「自制的な対応」―イラン情勢

政治・外交

安倍晋三首相は9日、イラン情勢に関するトランプ米大統領の声明を受け、首相官邸で記者団に「日本は全ての当事者に対して自制的な対応を強く求めてきた。自制的な対応を評価する」と述べた。菅義偉官房長官は記者会見で「大統領が軍事力を行使したくないと述べていることは地域の緊張緩和に資するものだ」と歓迎した。

首相は「今後も地域情勢安定化のために外交努力を尽くしていく」とも強調した。11~15日に予定している首相の中東3カ国歴訪について、政府内には延期論もあるが、首相は判断を留保している。菅氏は会見で「現地の情勢を見極めた上で判断したい」と語った。政府は9日中にも歴訪の可否を決める。

トランプ米大統領の声明を受け、記者団の質問に答える安倍晋三首相=9日午前、首相官邸トランプ米大統領の声明を受け、記者団の質問に答える安倍晋三首相=9日午前、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 イラン 日本 米国