菅官房長官、ゴーン被告主張「説得力欠く」=森法相「日本の裁判で」

政治・外交

菅義偉官房長官は9日の記者会見で、日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告が逃亡先のレバノンで行った会見について「主張は一方的で、全く説得力に欠ける」と批判した。森雅子法相は「主張すべきことがあるなら、正々堂々とわが国の公正な裁判所の判断を仰ぐことを強く望む」と述べ、日本に戻って公判に臨むよう呼び掛けた。

菅氏は、ゴーン被告の身柄引き渡しの見通しに関しては「レバノン政府の判断に関する事柄で、コメントする立場にない」と述べるにとどめた。

法相は9日未明に異例の臨時会見に臨んだ。「(ゴーン被告の)出国は犯罪行為に該当し得る。それを正当化するために、国内外に向けてわが国の法制度について誤った事実を喧伝(けんでん)するのは到底看過できない」と非難した。

ゴーン被告による日本の司法制度批判に対しては「わが国の刑事司法制度は個人の基本的人権を尊重し、適正な手続きを定めて適正に運用されている」と反論。「ある一面のみを切り取って比較することは適切ではない」と指摘した。

記者会見する菅義偉官房長官=9日午前、首相官邸記者会見する菅義偉官房長官=9日午前、首相官邸

日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告の記者会見を受け、コメントを述べる森雅子法相=9日未明、法務省日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告の記者会見を受け、コメントを述べる森雅子法相=9日未明、法務省

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 日本