海自派遣、自民会議で支持相次ぐ=野党は再考要求

政治・外交

自民党は9日、外交部会・国防部会などの合同会議を開き、中東情勢について議論した。岸田文雄政調会長が冒頭、「事態がエスカレートしないことを期待しつつ、推移を慎重に見極めなければならない」と指摘。出席者によると、海上自衛隊の中東派遣について「緊張感が高まっているからこそ派遣すべきだ」といった意見が相次いだ。

小野寺五典元防衛相は記者団に「日本船舶が安全に運航するためには情報収集が大変重要だ」と強調した。

一方、主要野党も合同ヒアリングを実施。国民民主党の渡辺周元防衛副大臣は、派遣が閣議決定された昨年末から状況が悪化したとして、政府側に「一回足を止めて、考え直すべきだ」と再考を迫った。

自衛隊中東派遣問題で、関係省庁の担当者(手前)らからヒアリングする野党議員=9日午前、国会内自衛隊中東派遣問題で、関係省庁の担当者(手前)らからヒアリングする野党議員=9日午前、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 政党 日本