19年の輸入車販売、3.2%減=4年ぶりマイナス―10月の台風で失速

経済・ビジネス

日本自動車輸入組合は9日、2019年の外国メーカー車の販売台数が前年比3.2%減の29万9439台と、4年ぶりのマイナスになったと発表した。9月まではほぼ前年並みで推移したが、大型台風の被害で来店客が減少した10月以降に失速した。

3年ぶりに30万台を下回ったものの、販売台数は引き続き高水準を維持した。10月の消費税増税の影響については「まだはっきり分からない」(輸入組合)という。ブランド別ではメルセデス・ベンツが1.5%減の6万6553台で首位を守り、BMWは昨年の3位から2位に上昇した。

同時に発表した19年12月の外国メーカー車の販売台数は、前年同月比13.7%減の3万51台と3カ月連続で落ち込んだ。(了)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 統計 日本