晴海選手村の宿泊棟完成=バリアフリーも意識―東京五輪・パラリンピック

スポーツ

今夏の東京五輪・パラリンピックで各国・地域の選手団の拠点となる選手村の宿泊棟が昨年12月に完成した。東京湾を望む晴海埠頭(ふとう)にある44ヘクタールの敷地に21棟。合わせて3850戸、約1万室。五輪は1万8000、パラリンピックは8000のベッドを用意する。

パラリンピックでは選手・関係者ら1000人以上の車いす使用者が同時期に生活することを踏まえ、設計にはバリアフリーを意識。各棟の出入り口にはスロープを設けて段差をなくした。組織委担当者によると、各戸までの動線は「フルフラットではないが、ほぼスムーズに動ける」。

各階の廊下も通常のマンションより幅を30センチくらい広げ、約1メートル50センチにした。車いすの幅は60~80センチのため、「細い車いすなら2台がすれ違えるくらい」という。

東京五輪・パラリンピック選手村宿泊棟の外観(現時点での外観で、今後変更となる可能性がある)(Tokyo 2020提供)東京五輪・パラリンピック選手村宿泊棟の外観(現時点での外観で、今後変更となる可能性がある)(Tokyo 2020提供)

東京五輪・パラリンピック選手村宿泊棟の各階廊下(現時点の外観で今後変更となる可能性がある)(Tokyo 2020提供)東京五輪・パラリンピック選手村宿泊棟の各階廊下(現時点の外観で今後変更となる可能性がある)(Tokyo 2020提供)

東京五輪・パラリンピック選手村宿泊棟の室内備品=9日午後、東京都中央区東京五輪・パラリンピック選手村宿泊棟の室内備品=9日午後、東京都中央区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ 日本 神奈川県 東海 静岡県