北陸新幹線、被災前水準に=3月14日から運行本数復旧

社会 暮らし 経済・ビジネス

JR東日本は9日、昨年10月の台風19号の影響で一部運休が続いていた北陸新幹線について、3月14日から運行本数を被災前の水準に戻すと発表した。新造車両を投入するほか、浸水被害を受けた長野新幹線車両センターの一部が復旧し、運行に利用できるようになるため。

北陸新幹線は台風19号によって、全運行車両の3分の1に当たる10編成120両が浸水被害を受け、廃車となった。この影響で本来よりも少ない本数で運行を続けている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 災害 暮らし 社会 その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本