19年訪日客、2.2%増=3188万人、政府目標遠く

経済・ビジネス 政治・外交

国土交通省は10日、2019年の訪日外国人数が前年比2.2%増の約3188万人となり、7年連続で過去最高を更新したと発表した。ただ、日韓関係悪化に伴う韓国人客の急減で伸び率は18年の8.7%増から鈍化。20年に4000万人とする政府目標はなお遠い。

赤羽一嘉国交相は同日の閣議後記者会見で「目標達成へ、ありとあらゆる手を打っていく」と語った。

20年は東京五輪・パラリンピックが開催され、日本への関心は「かつてないほど高まる」(赤羽氏)。羽田空港の発着枠拡大や那覇空港の滑走路増設などにより、訪日客の受け入れ能力も600万人増える。これらを追い風に訪日客の取り込みを加速する考えだ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経済調査・分析 観光 観光政策 日本