安倍首相の中東訪問を発表=米イランに自制求める

政治・外交

菅義偉官房長官は10日の記者会見で、安倍晋三首相が11~15日の日程で、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、オマーンの3カ国を訪問すると発表した。周辺海域での情報収集活動のための自衛隊派遣に理解を得るのが目的。米国とイランの間で緊張が高まっていることを踏まえ、双方に自制を求めるメッセージを発信したい考えだ。

菅氏は「中東情勢が緊迫の度を高める中、事態のさらなるエスカレーションを避けるための外交努力の一環として、地域の緊張緩和と情勢安定化に重要な役割を果たす3カ国と意見交換を行う」と表明。「エネルギーの安定的供給や航行安全の確保に向け、協力を要請する」とも語った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 外交 アラブ首長国連邦 イラン 日本 サウジアラビア