東京五輪・パラ、専用レーンはピンクのライン=交通規制区間、違反は罰則

スポーツ

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は10日、大会期間中に選手・関係者の輸送を円滑に行うため、東京圏会場周辺の一般道に設ける交通規制区間にピンクのラインを引き、警察が青色の標識を設置することを明らかにした。

関係車両以外の通行を禁止する専用レーン(総距離約4.3キロ)にはピンクの実線、関係車両が通行していない場合に一般車両も通行できる優先レーン(同約19.8キロ)にはピンクの破線を引く。道路交通法に基づく違反には、罰則が科される可能性がある。

大会関係者輸送ルートは、五輪期間中で東京圏と地方で合わせて約1360キロ。そのうち、規制区間となる専用レーン、優先レーン以外の一般道や高速道路には、バスの絵柄とTOKYO2020の文字がピンクで描かれた看板や路面標示が合わせて約3400カ所に設置される。

看板と路面標示は高速道路が2月、一般道は4月から設置が始まり、運用は大会直前からとなる。

2020年東京五輪・パラリンピックの大会関係車両の通行ルートを示す路面標示と看板のデザイン=10日午前、東京都中央区2020年東京五輪・パラリンピックの大会関係車両の通行ルートを示す路面標示と看板のデザイン=10日午前、東京都中央区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ 日本 東京都