聖火台で初の水素燃料=IOC、マラソン・競歩の札幌移転に謝意―東京五輪

スポーツ

【ローザンヌ(スイス)時事】2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は10日、スイスのローザンヌで開かれた国際オリンピック委員会(IOC)総会で東京五輪の準備状況を報告し、次世代のエネルギーとして期待される水素燃料を聖火台の燃料に使用することを明らかにした。五輪では初の試みとなり、関係者によると炎の色を変える演出も可能になるという。

暑さ対策で五輪のマラソンと競歩を札幌に移転した点について、複数のIOC委員から謝意が伝えられた。武藤事務総長は総会後、「いろいろな経過はあったが、結論は非常に良かったのではないか。(マラソン以外で)暑さに問題があるということは聞いていない」と述べた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ 日本