安倍首相「頭の片隅にもない」=自民総裁任期延長を否定

政治・外交

安倍晋三首相は12日放送のNHK番組で、来年9月までの自民党総裁任期の延長について「本当に考えていない。頭の片隅にもない」と重ねて否定した。その上で「(期限切れまで)まだ1年9カ月もある。この間に燃焼し尽くす決意で臨みたい」と語った。

首相は「私自身の手で憲法改正を成し遂げたいとの思いに全く揺らぎはない」と強調。ただ、改憲論議を進めるための衆院解散・総選挙に関しては、「解散すべき時が来たと思えば解散にちゅうちょはないが、現在のところ全く考えていない」と述べるにとどめた。

一方、統合型リゾート(IR)事業をめぐる汚職事件で衆院議員秋元司容疑者が逮捕された事件について、首相は「誠に遺憾だ」と改めて表明。「国民の中にさまざまな不信があると思う」と述べ、IR推進に向けて国民の信頼回復に努める考えを示した。

首相の番組収録は10日に行われた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 選挙 政党 日本