麻生財務相、「単一民族」発言訂正=アイヌ新法と矛盾指摘も

政治・外交

麻生太郎財務相は14日の閣議後の記者会見で、13日に日本が単一民族国家と受け取られかねない発言をしたことについて「誤解が生じるならおわびの上、訂正する」と述べた。アイヌを「先住民族」と明記したアイヌ新法が昨年施行されており、矛盾するとの指摘が出る可能性もある。

麻生氏は13日、福岡県直方市で開かれた会合で、ラグビーワールドカップ日本代表の活躍に触れながら「2000年の長きにわたり、一つの民族、一つの王朝が続いている国はここしかない」と述べたという。

麻生氏は14日の会見で「政府の方針を否定するつもりは全くない」と強調。「日本は民族の大移動がなく、(国土が)比較的まとまった形で継続してきたことを述べた」と釈明した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 民族 日本 九州