日本も解決策提示を=徴用工、協議体への参加表明―韓国大統領

政治・外交

【ソウル時事】韓国の文在寅大統領は14日、ソウルの青瓦台(大統領府)で新年の記者会見を行い、元徴用工訴訟をめぐる問題の解決に向け、「日本も解決策を提示し、韓国と膝を突き合わせて(考えて)いくべきだ」と述べた。また、問題解決に向けては「被害者の同意」が必要との認識を改めて示した。

文氏は元徴用工問題の解決策について、「韓国政府は既に数回、提示した。立法府レベルでの努力もした」と強調した。その上で、原告側代理人が創設を提案した日韓両国関係者で解決策を議論する協議体に参加する意向を表明。「韓国が提示した方策と日本が修正して提示する方策をめぐり、知恵を合わせていけば十分に解決できる余地がある」と語った。

文氏はまた、2015年末の慰安婦問題をめぐる日韓合意に触れ、「最も重要な部分は被害者の同意を得るための解決策作りだ」と主張。元徴用工らに配慮した解決策を日本政府が用意すれば、「両国間の解決策を作ることは難しくない」と指摘した。

14日、ソウルで記者会見する韓国の文在寅大統領(EPA時事)14日、ソウルで記者会見する韓国の文在寅大統領(EPA時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 外交 韓国 北朝鮮