動物園から象牙持ち出す=ラオス人の男を逮捕―成田空港署

社会

動物園から持ち出した象牙などを許可なしに輸出しようとしたとして、千葉県警成田国際空港署は14日、関税法違反(無許可輸出未遂)の疑いで、ラオス国籍で静岡県裾野市須山の無職ラム・オウン・コウンサーワント容疑者(27)を逮捕した。同署は認否を明らかにしていない。

同署や東京税関成田税関支署によると、コウンサーワント容疑者は昨年7月4日、スーツケースなどに入れたアフリカゾウの象牙のほか、アジアゾウの骨や毛、シロサイの骨、チーターの歯、シカの角など約220点を成田空港からベトナム経由でラオスへ輸出しようとした疑い。

大半は絶滅の恐れがあるとして国際取引が規制されているワシントン条約の対象だった。成田空港でスーツケースをエックス線検査したところ、不審な影が映ったことから発覚した。

コウンサーワント容疑者は15年から動物園「富士サファリパーク」(裾野市)で飼育員として働いており、死んで埋葬された動物の骨や抜け毛を拾い集めていた。「ラオスで自宅に飾ったり、友人や知人に売ったりするつもりだった」と話しているという。

ラオス人の男が動物園から持ち出し、無許可で輸出しようとした象牙など=14日、成田空港ラオス人の男が動物園から持ち出し、無許可で輸出しようとした象牙など=14日、成田空港

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 環境・生物・自然 日本 ベトナム