コンビーフ缶、70年ぶり刷新=「巻き取り鍵」廃止―川商フーズ

経済・ビジネス

JFE商事子会社の川商フーズ(東京)は15日、牛の絵柄が付いた台形の缶詰「ノザキのコンビーフ」のパッケージを約70年ぶりに刷新すると発表した。缶に沿ってくるくると回しながら開ける「巻き取り鍵」も廃止し、シールをはがすように簡単に開けられるふたに変更する。

パッケージの刷新は製造設備の老朽化が理由で、新容器の商品は3月16日に発売する。刷新後も牛の絵柄を残し台形に近い形状とすることで、商品イメージを引き継ぐ。内容量は従来の100グラムから食べ切りやすい80グラムに変更する。希望小売価格は426円。

従来品は既に製造を終了した。ノザキのコンビーフは1948年、野崎産業(99年に川鉄商事〈現JFE商事〉と合併)が初の国産コンビーフとして発売。巻き取り鍵は台形型となった50年に採用されたという。

川商フーズが販売する「ノザキのコンビーフ」の従来品(写真下)と、3月発売の新容器(同社提供)川商フーズが販売する「ノザキのコンビーフ」の従来品(写真下)と、3月発売の新容器(同社提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 日本 東京都