健康分野やアジア中間層向け強化=新規投資80件計画―柿木丸紅社長

経済・ビジネス

丸紅の柿木真澄社長はインタビューに応じ、新たな収益源として、予防医療などの健康分野に加え、アジア中間所得層向けビジネスを強化する方針を明らかにした。検討中の新たな投資案件は約80件に上るという。

同社は2021年度までの3年間で新規事業領域に2000億円を投資する計画。健康分野は高齢化が進む先進国を中心に需要が高まっている。経済成長が期待できるアジアでは今後中間層の拡大が見込まれ、関連事業へ集中的に投資する。

インタビューに答える丸紅の柿木真澄社長=2019年12月24日、東京都中央区の同社本社インタビューに答える丸紅の柿木真澄社長=2019年12月24日、東京都中央区の同社本社

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 日本