NHK、ネット同時配信は18時間に限定=4月から本格サービス

政治・外交 経済・ビジネス

NHKは15日、テレビ番組を放送と同時にインターネットで配信する同時配信サービス「NHKプラス」について、4月から1日18時間に限定して配信を始めると発表した。3月からは1日17時間の配信を試行する。

NHKは4月から24時間配信を想定していたが、総務省から事業費縮小を求められ、18時間に短縮。上田良一会長は15日の記者会見で「限定的な開始になるが、公共メディアとしての役割をしっかり果たしていく」と語った。利用状況や費用などを踏まえ、24時間配信を目指す考えだ。

配信時間帯は、3月が午前7時から翌日の午前0時まで、4月以降は午前6時から翌日の午前0時まで。受信料を払っていれば、総合テレビとEテレの番組をスマートフォンなどで見ることができる。見逃した番組も放送から1週間の視聴が可能になる。

ネット同時配信などについて記者会見するNHKの上田良一会長=15日午後、東京都渋谷区ネット同時配信などについて記者会見するNHKの上田良一会長=15日午後、東京都渋谷区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 電気通信政策 経営一般 日本