トヨタ、「空飛ぶ車」で提携=米ベンチャーに430億円出資

経済・ビジネス

【ニューヨーク時事】トヨタ自動車は15日、「空飛ぶ車」の早期実現に向け、電動垂直離着陸機(eVTOL)の開発を手掛ける米新興企業ジョビー・アビエーション(カリフォルニア州)と提携すると発表した。3億9400万ドル(約430億円)を出資し、友山茂樹副社長をジョビーの取締役として派遣する。

eVTOLは、都市部の渋滞や環境負荷の低減、過疎地の輸送手段の確保といった交通課題を解決できる新たな「空のモビリティー(移動手段)」として期待されている。トヨタは、従来の自動車で培った生産技術を生かし、設計や素材、電動化などの分野でジョビーに協力。品質や安全性、コスト基準などを満たしたeVTOLの量産化に取り組む。

トヨタの豊田章男社長は声明で「空のモビリティー事業にチャレンジする。トヨタ創業以来の夢でもある」と述べた。

米新興企業ジョビー・アビエーションが開発を進める電動垂直離着陸機(eVTOL)(同社提供)米新興企業ジョビー・アビエーションが開発を進める電動垂直離着陸機(eVTOL)(同社提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収 ベンチャー 日本 米国