「防災の大切さ伝える」=兵庫、専門科1期生の岸本さん―阪神大震災25年

社会 暮らし

阪神大震災を機に、全国で初めて防災を専門に学ぶ「環境防災科」が設置された兵庫県立舞子高校(神戸市垂水区)。2002年入学の1期生、岸本くるみさん(32)は「震災を体験していない世代に防災の大切さを伝えたい」と、高校での学びを糧に、防災の現場で活動を続ける。

1995年1月17日、小学2年だった岸本さんは、ゴーッという「聞いたことのない地響きのような音」で跳ね起きた。同市兵庫区のマンション7階の部屋は激しく揺れ、棚から食器が落下。夜が明けると、あちこちで電柱が倒れ、火の手が上がっているのが見えた。「怖かった」。電気とガスが止まり、西区の親戚宅に身を寄せた。楽しみだった学校は約1カ月間休校した。

高校進学まで、周囲には被災した友達しかおらず、震災を意識することはなかった。環境防災科を選んだのも「物珍しさに引かれたから」。しかし、被災経験のない友人と出会い、「自分の異常な経験は広く伝えるべきだ」と気が付いた。

授業では、防災の専門家やNPO関係者の講義などを聞き、ネパールで現地の防災事情を学んだ。神戸学院大でも防災を専攻。国内外の被災地でボランティア活動に携わり、14年に震災の教訓を伝える「人と防災未来センター」(中央区)に就職した。

現在は、母校の大学で社会防災学科の実習助手を務める。南海トラフ地震の対策を進める和歌山県に学生を引率したり、仙台市で開催された防災フォーラムで地元高校生と交流したりした。

昨年12月、岸本さんは神戸市の中学校で講演。震災当時の恐怖や小学校の友達を亡くしたことを話し、「大切にしている人、ものを失うのはつらい。守るために何ができるか考えることが防災につながる」と呼び掛けた。17日には母校の小学校で、全児童に向け防災教育を行う。「思いも寄らないことが起きるのが災害。体験していない若い世代にも知ってもらい、備えてほしい」と願う。

「震災後に生まれた世代に、当時の様子をもっと知りたいと言ってもらえるのが励み」と話す岸本さん。防災の大切さを次の世代につなぐ役割を担う覚悟だ。

防災の大切さについて中学生に話す岸本くるみさん=2019年12月9日、神戸市西区防災の大切さについて中学生に話す岸本くるみさん=2019年12月9日、神戸市西区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 災害 暮らし 社会 日本 兵庫県 神戸市