海保、インドで合同訓練=中国念頭に連携強化

政治・外交

【チェンナイ(インド)時事】海上保安庁とインド沿岸警備隊の合同訓練が16日、インド南部チェンナイ沖で実施された。インド近海では近年、中国が進出を強めている。航行の自由や法の支配の確立を目指す「自由で開かれたインド太平洋」構想を共有する日印両国は、訓練を通じ関係の緊密さを強調し、中国をけん制したい考えだ。

日印の合同訓練は18回目。日本からは巡視船「えちご」と搭載ヘリ、インドからは巡視船「シャウリャ」など計5隻やヘリ、航空機が参加した。「えちご」はインド側の船舶や飛行機と連携し、海賊に占拠されたという想定の船を停船させ、制圧する訓練を実施。船舶の消火活動や海難救助の共同訓練も行った。

16日、インド南部チェンナイ沖で実施された合同訓練を終え、握手する海上保安庁の奥島高弘長官(右)とインド沿岸警備隊のナタラジャン長官16日、インド南部チェンナイ沖で実施された合同訓練を終え、握手する海上保安庁の奥島高弘長官(右)とインド沿岸警備隊のナタラジャン長官

16日、インド南部チェンナイ沖で合同訓練に参加した海上保安庁の巡視船「えちご」とヘリ16日、インド南部チェンナイ沖で合同訓練に参加した海上保安庁の巡視船「えちご」とヘリ

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 外交 中国 インド 日本