筑邦銀、SBIと資本提携=3%出資受け入れ―「地銀連合」3行目

経済・ビジネス

筑邦銀行は17日、インターネット金融大手SBIホールディングスと資本提携すると発表した。増資は行わず、SBIが既存株主から3%を上限に株式を取得する。超低金利などを背景に地域金融機関の経営環境が厳しさを増す中、異業種との連携強化により収益力向上を図る。

SBIは複数の地方銀行に出資する「地銀連合構想」を掲げており、参加は島根銀行、福島銀行に続き3行目となる。

筑邦銀の佐藤清一郎頭取は17日、福岡県久留米市内で記者会見し、今回の提携の狙いについて「SBIとは補完関係にあり、われわれにない技術を供給してもらえる」と説明。SBIが得意とする金融とITを融合したフィンテックサービスや、余剰資金の共同運用などで協力関係を深めていく方針だ。

記者会見する筑邦銀行の佐藤清一郎頭取=17日午後、福岡県久留米市の同行本店記者会見する筑邦銀行の佐藤清一郎頭取=17日午後、福岡県久留米市の同行本店

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収 日本