「チバニアン」正式決定=千葉の地層、地質時代名に―日本由来で初・国際学会

社会 暮らし

国際地質科学連合(IUGS)は17日、韓国・釜山で理事会を開き、千葉県市原市の養老川沿いにある地層「千葉セクション」を、約77万年前の地質時代の境界を研究する上で最も優れた地点「国際標準模式地」に認定した。

認定に伴い、約77万4000年前から約12万9000年前の地質時代が「チバニアン(千葉時代)」と正式に命名された。地質時代の名称に日本の地名が使われるのは初めて。研究チームを率いた岡田誠茨城大教授は国立極地研究所(東京都立川市)で記者会見し、「最後のチャンスをものにできた。感無量だ」と話した。

チバニアンには現生人類「ホモ・サピエンス」がアフリカで出現した時期が含まれる。研究チームの羽田裕貴・極地研特任研究員は「人類による温室効果ガスの排出がどれぐらい気候変動に寄与しているか、人類が環境にどれだけ負荷をかけているか。評価するために非常にいい研究対象となる」と説明した。

千葉セクションは2018年に国の天然記念物に指定されており、岡田教授は「保存しながら研究活動を進めることができる」と語った。

「チバニアン」と正式に認定された地質時代の区分の一つがうかがえる千葉県市原市の地層=2017年12月7日、同市「チバニアン」と正式に認定された地質時代の区分の一つがうかがえる千葉県市原市の地層=2017年12月7日、同市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 環境・生物・自然 社会 教育 暮らし 日本