センター試験始まる=現行方式最後、55万人志願

社会 暮らし

現行方式で最後となる大学入試センター試験が18日、全国689の会場で始まった。志願者数は前年度より1万9131人少ない55万7699人。19日までの2日間の日程で、18日は午前に地理歴史・公民、午後は国語と英語のリスニングを含む外国語。19日は理科と数学の試験が実施される。

大学入試センターによると、東京外国語大(東京都府中市)で、渋滞に伴うバスの遅延により受験者1人の開始時間が75分繰り下げられた。午前11時時点で、天候の影響による遅れは報告されていない。

志願者のうち、今春に高校などを卒業予定の現役生は全体の81.1%に当たる45万2235人で前年度比1万2715人減。高3生らのうち、43.3%が志願した計算だ。浪人生ら高校既卒者は6306人減の10万376人となった。

センター試験を利用する大学・短大は前年度より6校増えて過去最多の858校。平均点の中間発表は22日、得点調整の有無は24日に発表する予定。

センター試験は共通一次試験を前身として、1990年から開始。来年1月からは後継の大学入学共通テストが行われる。

大学入試センター試験の会場に向かう受験生ら=18日午前、東京都文京区大学入試センター試験の会場に向かう受験生ら=18日午前、東京都文京区

大学入試センター試験で問題用紙を配る監督者ら=18日午前、東京都文京区大学入試センター試験で問題用紙を配る監督者ら=18日午前、東京都文京区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 教育 暮らし 社会 日本