菅原前経産相、議員辞職を否定=公選法違反疑惑、説明避ける

政治・外交

公職選挙法違反疑惑で経済産業相を辞任した自民党の菅原一秀衆院議員(東京9区)は20日午前、国会内で記者団の取材に応じた。「ご迷惑をお掛けしたことをおわびする」と謝罪しつつも、「一からしっかり出直し、精進したい」と述べ、議員辞職や離党を否定。昨年10月に週刊文春に報じられた金品贈与問題への詳しい説明は避けた。

菅原氏は疑惑について「告発が出されている状況の中で(捜査)当局から要請があれば真摯(しんし)に対応したい」などと述べるにとどめた。「適切な時期に全容を説明したい」とも語った。

記者団の取材に応じ、頭を下げる自民党の菅原一秀前経済産業相(中央)=20日午前、国会内記者団の取材に応じ、頭を下げる自民党の菅原一秀前経済産業相(中央)=20日午前、国会内

記者団の取材に応じる自民党の菅原一秀前経済産業相(左手前)=20日午前、国会内記者団の取材に応じる自民党の菅原一秀前経済産業相(左手前)=20日午前、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 政党 日本