スバル、2030年に電動車4割=トヨタと協力、開発加速

経済・ビジネス

SUBARU(スバル)は20日、世界販売台数に占める電気自動車(EV)、ハイブリッド車(HV)の割合を、2030年に4割へ引き上げる目標を明らかにした。18年度は2.1%だった。世界的に環境規制が強まる中、資本提携するトヨタ自動車と電動車の開発を進め、二酸化炭素の排出を削減する。

スバルはまず、20年代前半にトヨタと共同開発するEVのスポーツ用多目的車(SUV)を投入。20年代半ばにはトヨタの技術を使ったHVを追加する。記者会見した中村知美社長は「提携を活用し、基幹技術の開発を加速させる」と語った。30年代前半には、生産・販売する全ての車へ電動化技術の搭載を目指す。

SUBARU(スバル)がトヨタ自動車と共同開発を進める電気自動車(EV)=20日午後、東京都渋谷区SUBARU(スバル)がトヨタ自動車と共同開発を進める電気自動車(EV)=20日午後、東京都渋谷区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収 日本