コンビニ売上高、2年連続増=ポイント還元も追い風

経済・ビジネス

日本フランチャイズチェーン協会が20日発表した2019年の主要コンビニエンスストア売上高(既存店ベース)は、前年比0.4%増の10兆3421億円で、2年連続のプラスとなった。共働き世帯を中心に総菜など「中食(なかしょく)」の需要が高まり、簡単に調理できる冷凍食品や麺類が好調に推移した。キャッシュレス決済時のポイント還元制度も売り上げを後押しした。

19年末時点の店舗数は前年末比0.2%減の5万5620店。市場規模を示す全店ベースの売上高は前年比1.7%増の11兆1608億円だった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 日本