国民民主、合流結論出ず=協議継続確認、立憲打ち切りも

政治・外交

国民民主党は20日、両院議員総会で立憲民主党との合流について議論したが、結論は出なかった。合流推進派が早期の基本合意を求める決議案を提出。しかし、議題として扱われず、立憲との協議の継続を確認するにとどまった。21日に幹事長会談を開いて伝えるが、立憲側は協議打ち切りを示唆している。

総会では、津村啓介副代表ら推進派が「速やかに党首会談を開き、合流について基本合意を行う」との内容の決議案を提出。議題とするかどうかを採決した結果、賛成19、反対28で否決された。

玉木雄一郎代表は総会後、記者団に「粘り強く交渉を継続したい」と強調。その上で「大きな固まりを目指して政権に向き合う方針は変わらない。まずは国会(論戦)に集中する」と語った。

津村氏は「交渉に前向きに臨むと代表が明言した。応援する立場で見守る」と述べた。

国民民主党の両院議員総会であいさつする玉木雄一郎代表(中央)=20日午後、東京・永田町国民民主党の両院議員総会であいさつする玉木雄一郎代表(中央)=20日午後、東京・永田町

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政党 日本