独検察、三菱自を捜索=排ガス不正の疑い

経済・ビジネス

【フランクフルト時事】ドイツの検察当局が、排ガス不正の疑いで三菱自動車の捜査に着手したことが21日、分かった。DPA通信などによると、独国内の複数の関係先に対して家宅捜索が行われた。

不正の疑いが持たれているのは、ディーゼル車の一部で、フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正と同様の違法なエンジン制御ソフトが使用された疑いが浮上しているとみられる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 ドイツ 日本